忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

旅のヒント3

お小遣い・お土産
旅行で楽しみの一つのお土産選びがあります。
家族・友人・先輩後輩などにお土産を持って帰ることは、すべての旅行者が思うことでしょう。
せっかく、外国に来ているのにお土産選びに時間を費やすのは、もったいないです。
お土産よりも「自分のための思い出の記念品」を選んでください。

親の立場でいうと一番うれしいお土産は、元気に帰ってくること。次は「現金」です。「お小遣いがこれだけ余ったから」と返されるとうれしいですね。外国で不自由するとかわいそうという親心で少し余分にお小遣いをもたせることが多いと思います。
このご時世、1円たりとも無駄にできません。「お小遣いを全部つかってくるな!」の声が聞こえてきます。


移動中のいねむりはNG
外国の文化や風景にふれることが、この旅行では大きな目的です。往復の飛行機は別として、見学地を移動するときにバスや列車を使います。
車窓からすばらしい景色が見えるのに熟睡中というケースがあります。ガイドさんの説明をしっかり聞いてください。
旅行は非日常です。夜の睡眠の質を高めて、日の出から日の入りまでしっかりと楽しみましょう。
PR

旅のヒント2

防犯対策
一時期、政治的な確執があり中国の旅行者が日本を訪れる数が減っていましたが、最近はまた増えています。聞くと「アメリカやヨーロッパより日本は親切で安心して旅が楽しめる」かららしいです。
自然災害や犯罪・事故などどこにいても危険はありますが、特に旅行中は気を遣いますね。添乗員や引率者は、安全を第一に考えます。ドイツ人の気質や国の状況は日本によく似ているといわれています。治安もヨーロッパではかなり良い国です。普通に行動すればドイツに限らずどこでも大丈夫です。フレンドリーな人が圧倒的に多い地球人です。元気よくあいさつをしましょう。あいさつされて怒る人は、めったにいません。

10数年前の旅行中に保護者からローマのホテルにファクスが来ました。「息子が毛糸の帽子を持って行きましたが、ヨーロッパでは『毛糸の帽子=スリ』らしいですので帽子をかぶらないように伝えください」という内容でした。毛糸の帽子をかぶった少年・少女はチャイルドギャングということも聞いたことがあります。
ローマやパリでは子どもの組織的な犯罪が多く、周囲の大人は見て見ぬ振りが多いと聞きます。日本みたいに「こらっ!」という状況ではなく、生きていくためには仕方ないという感じです。周囲の国からの難民や貧富の差の激しい国々ではよくあることらしいです。スリに金品を奪われることは、難民たちを助ける活動になるのかもしれません。命をとられると帰ってきませんのでこれだけは守ってください。

旅のヒント1

事前学習が進んでいますが、思いつくままに老婆心ながら「旅のヒント」を書いておきます。

往復の飛行機
今年も2便に分かれてフランクフルトへ出発します。11時間の空の旅です。
成田発はJAL便で使用機種ボーイング777-300ERです。ボーイング社のトレンド機として世界中で安全に活躍しています。羽田発はSDP国外体験学習では、非常に珍しい外国の航空会社ルフトハンザを使用します。機種は、もう日本の航空会社では乗ることのできないボーイング747です。しかも10月27日から747の最新鋭機747-8が就航します。「もうジャンボジェットには乗れない」と思っていたのですが、これが大きな楽しみのひとつになりました。



出発して2時間ほどしたら機内食がでます。日本出発は、和食的なメニューで口に合います。逆は西洋的なメニューで少し覚悟が必要です。食事の後は機内が暗くなって睡眠や液晶モニターを使った映画やゲームで過ごせます。また、着陸2時間前くらいに2度目の食事がでます。軽食です。これは無理して食べないでテイクアウトすれば夜食になります。到着したらすぐに夕食が待っているからです。

機内であれば便利なもの
使い捨てスリッパ スポンジ耳栓
必要そうでいらないもの
睡眠用目隠し、首枕

WiFi事情
インターネットの普及で世界中に無線LANの電波が飛び回っています。料金の仕組みがよくわからない携帯やスマホの海外での使用はなかなかです。しかしWiFiが使えれば話は別です。スカイプやラインが使えます。そこで今回のホテルについて調べてみました。
1泊目 フランクフルト 10ユーロ(高すぎ?)
2~4泊目 ミュンヘン  無料(ラッキー)
5泊目 ハイデルベルグ 5ユーロ(微妙)
ちなみに飛行機の中も使えます。(クレジットカード払い)JAL20ドル弱 LH10ユーロ
お金を出せば便利な世の中ですね。

出発2週間前

ドイツへの旅立ちを前にして、準備に余念がないと思われます。

最も気になるのが天気と気温です。旅行は、天気によって大きく左右される面が多いです。
これまでのSDP国外体験学習でも、24期生のように快晴で暖かい日が続くかと思うと23期生は毎日雨が降り、寒い旅行になりました。さて今年はどうでしょうか?

今のドイツは、フランクフルトの最高気温は17度、最低気温8度、ミュンヘンは13度、1度くらいですね。天気はほとんど晴です。出発前には1週間分の予報が出ますので準備ができそうです。
旅行社の方は、いつも「寒いので防寒対策をお願いします。」と言います。準備するにこしたことはないのですが、荷物のことを考えると無駄な衣類でかさばるのを避けたいものです。
着替えも防寒具も最低限にすることが旅上手でしょう。現地では、住民は快適に暮らしていますので旅行者も特別なことを考えなくても快適に過ごせるはずです。

事前学習発表会では、しっかりとプレゼンを聞いて予備知識をため込みましょう。

しっかりと体調管理をしましょう。体調も旅行の大きなポイントです。

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[11/11 HIRAHARA]
[11/11 Yamasaki]
[11/10 moto]
[11/09 HIRAHARA]
[11/09 yoshidome]

最新記事

(11/19)
(11/18)
(11/18)
(11/18)
(11/18)

プロフィール

HN:
shigakukan25
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

P R